保育士の仕事がしたいなら

昔から子供が大好き、という方は保育園や幼稚園で働きたいと思っている方が多いでしょう。
保母さんという呼び方が、一般の人にとっては馴染み深いものではないでしょうか。
正式には保育士といい、女性だけではなく、男性にも人気の高い仕事になってきています。

スポンサードリンク

女性で出産をした方でも、出産後社会復帰をする方が増えてきました。
そのために保育園に子供を預ける親御さんが増加し、育児補助の体制が整った企業では、企業の中に託児所を設けるところも増えてきています。
どこの保育所も常に順番待ち、といった状況で、保育士資格を持った人の需要はどんどん高まっています。

保育士資格を持っていれば、保育園や幼稚園で働くことはもちろん、最近ではレジャー施設やデパートなどでも託児所を設けているところがありますので、そういった所への就職も可能です。

保育士の仕事は、保育園や託児所の園児の世話から、食事や着替え、排泄といった日常生活に欠かせない基本的なことを教えるのも仕事です。
障害を持った子供専門の福祉施設での仕事もあり、単に子供が好きというだけではとてもつとまらない仕事だといえます。
学校の先生なども子供に関わる仕事だといえますが、より密着した関係を築くことが必要ですので、そういった仕事を選ぶなら保育士の資格は必須だといえますね。

では、保育士の資格をとる方法を見ていきましょう。

1.厚生労働大臣の指定する養成所を卒業する

2.都道府県が実施する保育士国家試験に合格する

このどちらかの方法で、保育士になることができます。

国家試験には、8科目が出題されます。
3年間の猶予の中で、この8科目全てをクリアすることが合格の条件です。
1回で合格する人もいれば、3年丸まるかかる人もいて、人それぞれです。

保育士国家試験に合格後、都道府県に保育士登録を行い、承認されれば晴れて保育士として働くことができるようになります。
道のりは決して楽なものではありませんし、イメージにあるような楽しいだけの仕事ではありませんが、子供たちの将来への基礎を作る大切な仕事です。
見本となれるような人間性を磨くことも必要ですね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

女性も資格を取る時代
女性は結婚したら家庭に入るもの、という考えはもう昔のものになってしまいました。 ......
介護福祉士の資格
現在の日本は高齢化社会といわれ、社会問題にまでなっています。 福祉の問題は急務と......
ケアマネージャーの資格
社会的な福祉への関心が高まる中、若い人の中でも福祉分野への就職を考える人が増えて......
ホームヘルパーの資格
高齢化社会に突入し、年金の問題や介護の問題と、私たちをとりまく社会の中でも重要度......
看護師の資格をとろう
誰でも生まれた瞬間からお世話になっているのが、病院の看護師さんではないでしょうか......
司法書士になる方法
以前のお話の中で、独立開業すれば1300万円の年収が見込める、と紹介した司法書士......
資格をとろう 行政書士
行政書士という仕事を知らない、という方も珍しくないかもしれませんね。 名前だけは......
公認会計士になる
就職や転職を考えて何か資格を取ろうというの中には、公認会計士の勉強をしている方も......
社会保険労務士は女性に人気
就職や転職をしたいけど、これといった特技もないしどうしたものか・・。 自分のアピ......
税務のスペシャリスト 税理士
あなたの資格取得の目的はなんでしょうか? 就職や転職を有利にすることでしょうか。......
人気資格 弁理士
弁理士、という職業をご存知でしょうか。 弁護士や税理士と混同しているか、または知......
お天気おねえさん 気象予報士
最近では、TVタレントが気象予報士になった、合格した、なんて話もよく耳にしますね......
経理や事務には簿記検定がお勧め
簿記なら高校のとき取ったよ、という方も結構いらっしゃるのではないでしょうか? 商......
憧れの秘書になる【秘書技能検定】
秘書というと、インテリめがねをかけて分刻みの予定を読み上げていく、なんて姿が思い......
資格取得で得られるメリット
以前資格マニアの方を特集したニュース番組を見たことがありますが、毎年何かしらの試......
リハビリ専門家 作業療法士(OT)
一般の方には、作業療法士という仕事の内容がいまいちピンとこないかもしれませんね。......

▲このページのトップへ